プリウス ZVW50

OBDⅡガードでイモビカッターによる車両盗難を対策しよう!

毎年発生する自動車盗難事件、どんなにセキュリティー対策をしていてもその網の目を縫うかのようにして、窃盗犯は自動車をいとも簡単に盗んでいきます。

近年の、自動車盗難で目につくのがやはり“イモビライザー”を無効にするイモビカッターの存在でしょう。イモビライザーは高級車に搭載されているスターターキーがなければエンジンを起動することができないようにしているシステムのことです。

しかし、そのイモビライザーの機能を解除して、いとも簡単に自動車を盗難できるようにしてしまうのが、イモビカッターと言われるものです。わずか20ドルほどでイモビカッターが販売されていたこともあるなど、自動車盗難に拍車がかかる状況が整っているのが現状です。

そのような状況を踏まえ、イモビカッターを使った犯行を決してさせない、最新のセキュリティーアイテムが登場しました。この「OBDガード」を使うなら、むき出しになっているOBDコネクタを盗難から守るために、ロックすることができます。

自動車の心臓部を守る強い味方?!

このロック機能があることによって自動車の心臓とも言われている、コンピューターへの侵入を防ぐことができ、それによって大切な車を守ることができるのです。

「OBDガード」のメリットは多岐にわたりますが、そのいくつかをご紹介いたします。

・すべての方向からOBDをガードする造り
・熱や衝撃に強い
・5000通り以上の鍵違い数によりピッキングに対し力を発揮
・日本、韓国、中国およびヨーロッパ諸国では特許取得済み(アメリカやUAE他数か国で特許出願中)。
・国産車のほぼ100%に適合

ZVW30、ZVW50、ZVW51、ZVW55、さらにプリウスα、プリウスのPHVモデルでも搭載が可能です。詳細は下記適合表からご確認いただけます。

これだけのメリットがある「OBDガード」、確かに魅力的ではありますが、取り付けが難しければ、購入するのをためらってしまうかもしれませんね。しかし、ご安心ください!取りつけが初めての方でも安心して取り付けることができるのです。

素人でも10分で取り付け完了!

「OBDガード」を女性のユーザーの方にお渡しして取り付けを依頼したところ、わずか10分で取り付けが完了することが下記サイトからも分かります。

必要なのは、暗いところを照らす場合に備えてライト、さらに取り付け説明書。たったこれだけでOKです。ご自身の車のメンテナンスや車の作業自体が初めての方でも、わずか10分ほどで取り付けができるほどの簡単さなのです。

大抵、OBDコネクタはご自身のお車の運転席足元に設置されています。この箇所を見つけることができれば、あとは「OBDガード」を取り付けるだけなのです。

手厚い保証がこんなにも!

製品の剛健性は保証済みですが、さらに嬉しい点としては長期製品保証が付いていることです。購入後なんと5年間もの保証が付いているのです。

「OBDガード」を取り付ける際や取り外す際に破損した場合には無償で交換をしてくれる親切な対応も人気の理由ですね。

さらに「OBDガード」搭載後にキーが反応しない場合でも購入から5年間はなんと無償での交換対応もしてくれますし、万が一キーを紛失してしまった場合でも有償ではありますが、購入後10年間なら登録時のデータを元に実施してくれます。

これだけの手厚い保証がついている「OBDガード」、ぜひこの機会に一度さらに詳細を下記サイトからご覧になってみてくださいね。

ぜひ一度、こちらから詳細を確認してみてくださいね♪

商品リンク

 

-プリウス ZVW50
-,