ジムニー JB23

ジムニーのフロントバンパーを守るならアピオ製パイプバンパーがオススメ!

ジムニーのカスタムパーツとして根強い人気を誇る

「ジムニーJB23用ジムニー パイプバンパー」を今回ご紹介いたします。

「ジムニーJB23用ジムニー パイプバンパー」はジムニーJB23をはじめ

ジムニー専用パーツを手掛けるアピオが手掛けています。

「ジムニーJB23用ジムニー パイプバンパー」は、シンプルかつスタイルの精錬されたパイプバンパーです。

パイプバンパーは、クロスカントリー仕様の車や

障害物に触れるような走行を前提に取り付けている車が多いパーツです。

見栄えも、シンプルでフロントもしくはリアのバンパー周りに取り付けられ

バンパーへの障害物の衝突を防ぐ働きもありますね。

もちろんデザイン性にも優れていて

パイプバンパーを取り付けることで車体のサイズ感が大きく増し加わる印象をお受けになることでしょう。

今回ご紹介する「ジムニーJB23用ジムニー パイプバンパー」も

それらの特徴を合わせ持つものです。かなりシンプルな見栄えになっています。

「ジムニーJB23用ジムニー パイプバンパー」のフロント版では

すでにフロントバンパーガーニッシュが装着されていることを前提に制作されています。

ですから純正のバンパーには「ジムニーJB23用ジムニー パイプバンパー」が取り付けができませんので、あらかじめご了承いただければ幸いです。

「ジムニーJB23用ジムニー パイプバンパー」のフロント版の素材は“スチール製”で、塗装はガンメタリックを採用しています。

パイプの太さは60mmで、すっきりとした見栄えに仕上がっています

「ジムニーJB23用ジムニー パイプバンパー」は実際に使用する目的に焦点をあてて製造されていますので

費用面でもかなり抑えることができています。

同じく、リア版の「ジムニーJB23用ジムニー パイプバンパー」にも

シンプルイズベストの考えは踏襲されていて、素材もフロントと同じくスチール製で塗装がガンメタリックになっています。

バイブバンパー自体が存在を主張するというよりは

全体的なフロントやリアの印象をアグレッシブにまとめてくれる印象を受けますね。

リアの「ジムニーJB23用ジムニー パイプバンパー」は、取り付け後の見栄えはかなり渋くなります

取り付ける際にはリアコーナーガーニッシュを合わせて用いるのがお勧めです。

リアコーナーガーニッシュは、純正のリアバンパーを外すと

むき出しになるコーナーの部分をカスタムすることができるパーツです。

リアの見栄えをシャープに見せる効果もあり

パイプ系バンパーを取り付ける際には、同時にカスタムすることが人気の方法となります。

「ジムニーJB23用ジムニー パイプバンパー」の取り付けはとても簡単で、付属のボルトで取り付けるだけです

このボルトオン装着の手軽さと、見栄えや機能面での評価から

「ジムニーJB23用ジムニー パイプバンパー」がジムニーファンに愛用されているのです。

「ジムニーJB23用ジムニー パイプバンパー」は、前後ともに実用的な目的を第一に考えて製造されています

ですからクロスカントリーや川を渡るなどの路面が安定しないような場所で大きな力を発揮するでしょう。

剛性における評価もお墨付きの「ジムニーJB23用ジムニー パイプバンパー」は

こちらのアピオ楽天ショップからがお勧めです

注文から、1日2日で発送してくれるスピード感も嬉しいポイントです。

ジムニー専門店ならではの品ぞろえで、もちろん併用が勧められているリアコーナーガーニッシュも見つかりますよ(https://item.rakuten.co.jp/apio/3102-50/)。

シンプルでかつ無駄のない見栄えとは裏腹に、強固な「ジムニーJB23用ジムニー パイプバンパー」、筆者もカスタムパーツとしてお勧めです!

 

-ジムニー JB23
-,