アルトワークス

HA36Sアルトワークスの社外ハンドル交換+もっと手前に寄せよう

アルトのステアリングのカスタムには

いくつかのメリットがありますね。

ステアリング自体を交換することによって

確かに“グリップ力”が向上しますし“スポーティーな装い”になったり

あるいは“ラグジュアリー感”を演出することもできますよね。

 

ステアリング位置を下げるアイテムも、併せて検討される方が多いことも事実です

特にダウンポジション化した際に考慮する方が多いですね。

 

バケットシートを搭載して、ローポジション化した場合がその一例ですね

どんなに握りやすくて運転が楽になっても

実際に操作する際にハンドル位置が低くては

運転の度に肩が凝ってしまいますからね。

 

これまで当サイトでは、ステアリング系パーツとして以下のアイテムをご紹介してきました。

 

【レビュー360件以上】このハンドルカバーの人気の秘密とは?

 

アルトワークスにウインカーレバーポジションアップキット♪

 

アルトワークスをステアリングパネルでイメージアップ♪

 

上記はあくまでも一例ですが

どれもアルトHA36Sのハンドル周りに欠かせない重要な機能を担ってくれますし

カスタムアイテムに求めたい“見栄え”にも気遣いが行き届いたアイテムが多いですね。

 

それらのアイテムとぜひ併用して、ハンドル操作を快適にしながら

「エアバッグ対応」で安全性も考慮された

「【大恵】車検対応エアバッグ用ハンドルボス」

を今回ご紹介いたしますね。

ステアリングボス交換で「ハンドルが遠い」苦労とオサラバ!

当製品が搭載できるのは、アルトワークスHA36Sになります。

「ハンドルボス」という名前はお聞きになったことがおありかもしれませんね。

ハンドル位置を純正の位置から好みの位置まで引き出すためのアイテムです。

 

このアイテムが効果を発揮するのは、とりわけバケットシートを搭載した時ですね。

サーキット走行だけでなく街乗りにも“バケットシート”が役立つのですが

その際に、どうしても体が後方に沈み込むためにハンドルまでの位置が遠くなるのです。

ハンドル交換は安全面でデメリット無し!

そして「【大恵】車検対応エアバッグ用ハンドルボス」を搭載するなら

これまで通りのハンドル操作を行えるだけでなく

エアバックが通常取り機能する」といったメリットも備わっているのです。

大恵 車検対応 SUZUKI スズキ アルトワークス HA36S エアバッグ用ハンドルボス

一切の配線いじりの必要無し!

実際に下記サイトから当製品をご覧いただけますが

純正ステアリングに搭載していた“ハーネスコネクター”を

そのまま使用することができますので

配線の取り回しに際に加工を必要としない点も魅力的ですよね。

 

もちろん、デュアルエアバック装着車なら

助手席側のエアバック機能もこれまで通り正常に作動します。

 

ですから「【大恵】車検対応エアバッグ用ハンドルボス」を

取り付けた後に困る心配は一切ありませんね♪

 

“すぐに純正に戻すことができる”点も

「【大恵】車検対応エアバッグ用ハンドルボス」を選ぶ上でメリットになりますね

配線加工をする必要がありませんので

純正ステアリング周りのパーツとの親和性も抜群なのです。

実際に購入された方のコメントは一長一短

『写真では厚いのかなと思ったけど実際はショートな感じてとてもよかったです。』

『開封直後から錆びてました。返品しました。スチール製だからってさすがにねぇ』

とあり、一長一短ではあります。

 

大恵さんのステアリングボスを何度も取り付けた私としては

錆びについては聞いたことがありませんが

万が一錆びていたとしても即返品が可能なので

大きな問題はないでしょう。

 

ハンドル位置を遠く感じておられるなら

アルトワークスHA36S専用の「【大恵】車検対応エアバッグ用ハンドルボス」は

ベストな解決法だと言えますね。

 

その理由を含めて、さらに製品の詳細はこちらのリンクからご覧になってみてくださいね!

商品リンク

-アルトワークス
-,