プリウス ZVW30

30プリウス用の社外ハーフタイプフルエアロってどんなのがあるの?

エアロを搭載した車種は、純正の時の車体からは想像もできないようなインパクトやラグジュアリー感を演出することができますね。車体のフレームやエンジンその他の物理的なシステム自体は全く変わっていなくても、身に着けるバンパーやサイドのスカートなどが、その車種全体のイメ―ジに与えてくれる影響を考えれば、そのカスタムの威力を軽視することはできませんね。

とりわけ、今回はプリウス30系に目を向けえて、プリウスの全体のフォルムに影響を与える“フロント”、“サイド”、“リヤ”のカスタムについて考えてみましょう。「H-STYLE 30プリウス前期フルエアロ」がその点で強力なツールになることを知っていただいて、カスタムの可能性についてイメージしていただければ幸いです。では、さっそくご紹介したいと思います。

まるでワンサイズUP?!

まず、「H-STYLE 30プリウス前期フルエアロ」を搭載したプリウスをご覧いただいて真っ先に感じる、プリウスの全体的な美しさがUPするというメリットについて考えてみましょう。

「H-STYLE 30プリウス前期フルエアロ」には、フロントからリア、さらにサイドスカートにいたるまで、プリウスの全体をアレンジする“フルエアロ”バージョンを採用しています。フルエアロバージョンのメリットとしては、一連の流れるようなエアロデザインによって、『まるでもともとこのようなスタイルの車種なのではないか?』と思わずにはいられないほど、バランスの取れた自然なフォルムに仕上がることです。

フロントマスクから全体的にCOOLなアクセントを感じつつ、足回りまでしっかりと裾が広がったプリウスは、ワンサイズアップした見栄えを発揮してくれて、日本国内の上級グレードのセダン車を髣髴とさせるスタイルに早変わりします。

リアに搭載されたエアロには、三角形の形をしたマフラーの吹き出し口が設置され、その淵をシルバーの外枠がキラッと輝くスタイルになっています。地面にまで届くかのような自然な曲線を描きながら、リアバンパーから一続きになったスタイルには、上質な雰囲気を感じさせますね。

まるで純正オプションパーツのような仕上がり!

そもそも「H-STYLE 30プリウス前期フルエアロ」はZVW30系前期専用設計のアイテムゆえに、車種別専用設計ならではの美しさが際立ち、プリウスのパーツとの親和性が十二分に発揮されていますから、まるで純正パーツのような印象さえ感じさせてくれるのです。

「H-STYLE 30プリウス前期フルエアロ」は日本で生産されていますし、優れたABS製樹脂を採用していますから、耐久性や見栄えあるいは信頼性において、汎用品とは一線を画するレベルを達成しているわけです。

下記サイトからも、実際にそれぞれのフルエアロの面をご確認いただけますが、しっかりとチューニングを行った、まるで全く別のプリウスに見えるほど印象としてはインパクトを感じるリアビューとなっていますね。

フロントスポイラーには、キラリと輝くシルバーのバーが左右1本ずつ搭載されていて、オシャレな雰囲気を醸し出してくれます。リヤアンダースカートとサイドスカートにはそれぞれブラックとシルバーであしらわれたアクセントが搭載されてもいますから、見る人を飽きさせない装いに、造りの良さを感じずにはいられませんね。

・ホワイトパールクリスタルシャイン
・シルバーメタリック
・ブラック

上記の3色からお選びいただけますし、もちろん上記のカラーにない純正色の場合には別途料金で塗装をして納品してくれますから安心して依頼することができますね。

実際的な口コミ

『プリウス(30前期型)変身。30型のプリウス(ホワイトパールクリスタルシャイン)を4年弱もう乗りました。フロントとサイドに擦り傷が結構あり、傷の隠しと気分転換を兼ねて、以前ずっとH-styleが気に合うと思って(他と比べると)、時期が来たら、付けるかなと考えましたので、注文しました。取り付けはご指定の工場にお願いしまして、さすがプローの仕上がり、絵の通り出来上がり、格好いい。心配している本体との色差異はそれほどでもなく、一体感が抜群で、家族からも好評でした。大変成功しました。』

と実際に取り付けた方のコメントからも分かるように、別次元のプリウスとなった新しいスタイルに満足されていることが分かりますね。

さらに「H-STYLE 30プリウス前期フルエアロ」の詳細は、下記サイトからどうぞご確認くださいね!

商品リンク

-プリウス ZVW30
-,