アクア

純正リヤエンブレムで他のAQUAに差をつける!

何かが違う…でも一体何が?!

見比べてみると、

どことなく自分のアクアと違うような…。

このような経験をされたことはおありでしょうか?

アクアにも年式やグレード毎に様々な内外装のオプションもあありますから、冒頭のように感じるのも当然です。

とはいえ、ようく見比べてみるなら“違い”に気が付くカスタムパーツもありますね。その一つが【エンブレム】です。

エンブレム次第で変わる見栄え

エンブレムと聞くと、まず初めに思いに上るのがフロントとリアのエンブレムでしょう。トヨタの独特なシンボルマークをカスタマイズするアイテムが人気を集めていますね。

例えば…

ステアリングのトヨタマークにマジカルカーボンを貼るだけで激変!

アクアやプリウスの光るエンブレムは純正オプションてホント!?

アクアにエンブレム交換級のインパクト!マジカルカーボンカスタム♪

上記のアイテムは、どれもエンブレムに装着するタイプや新たに貼り付けるタイプのエンブレムになりますね。

小さな違いが大きな違い

今回ご紹介する「【TOYOTA】アクア(NHP10)リヤエンブレム」はアクアのすべての型式やグレードにマッチするアイテムで、ぱっと見では“違い”に気づきにくいリアビューになります。

とはいえ、見比べてみるなら“気が付く人には違いに気づくアイテム”です。

そもそもアクアのリアゲートに装着されているエンブレムと言えば主に以下の種類になります。

①AQUA
②グレードを表す表記
③トヨタのシンボルマーク

ちなみに、①と③は標準的にどのアクアにも装着されてますから、どのアクアにも違いはありません。

だからこそ、「【TOYOTA】アクア(NHP10)リヤエンブレム」が意味を持つわけです。

当製品は、まさに“度のアクアにも違いがない”部分に【違い】をもたらすアイテムです。

それゆえに差別化を図ることができますし、気が付いた人にはインパクトを与えるものになります。

「AQUA」から「TOYOTA」へ

「【TOYOTA】アクア(NHP10)リヤエンブレム」は、

本来「AQUA」と表記されているエンブレム部分と入れ替えることができるエンブレムで、「TOYOTA」と表記されています。

実際の製品は下記楽天サイト内からご覧いただけますが、

鏡面仕上げで美しい輝きとブランドを立体的に表現した印象的なエンブレムが、確かに存在感を醸し出してくれていますね。

トヨタアクアNHP10PRIUSCリヤエンブレムTOYOTA

純正のエンブレム自体は貼り付けてあるだけの“ガーニッシュ”ですから、順序立てて作業を行うならきちんときれいにはがすことができます。

もちろん脱脂作業をしっかり行った上で「【TOYOTA】アクア(NHP10)リヤエンブレム」を貼り付けるなら、純正エンブレムのような見栄えになります。

他のアクアのエンブレムには“AQUA”と記載されているのに対して、

当製品を取り付けたアクアには車両の名前ではなく“TOYOTA”と記載されていますので、差別化を図ることができますね。

コチラのリンクからさらに製品の詳細についてご覧いただけます♪

ぜひ一度チェックしてみてください。

ちなみに、エンブレムをはじめ“貼り付けるだけの”手軽なカスタムパーツは当サイトでもご紹介しています。

以下のラインナップがその一部です。例えば…

一層ドレッシーに

【アクア NHP10】カーボン調マジカルアートシートでアクアのピラーをカスタム☆

日本製ATベゼルパネルでアクアが高級車仕様に?!

どのガーニッシュ系アイテムも“両面テープ”で簡単に装着できるようになっています。

一層ドレッシーなアクア、オリジナリティに富んだアクアにする近道となるでしょう♪

合わせてご覧になってみてくださいね!

-アクア
-,