アクア

アクアの社外バッテリーは絶対ハイブリッド専用で!カオスがおすすめ

アクアのバッテリー交換はハイブリッド専用バッテリーじゃないとトラブルの元

ハイブリッド車に限らず、すべての車両に言えることですが“要”となるパーツがあります。それは“バッテリー”です。

とりわけハイブリッド車に関してはバッテリーの重要性はいくら強調しても強調しすぎることはありません。

2011年12月にアクアが登場してから、数回のマイナーチェンジを経て現行のアクアへと変化を遂げていますね。とはいえ、やはり消耗品であるバッテリーの経年劣化具合は大きな違いはありませんね。

概ね3年~5年と言われています。アクアやプリウスにはバッテリーが2つ搭載されています。メインバッテリーと補機用バッテリーの2種類です。

「パナソニックのカオス」は一級ブランドの証

今回ご紹介する「パナソニック国産車バッテリー カオスハイブリッド車用 N-S42B20R/HV」は、アクアの補機用バッテリーとして大変人気を集めるバッテリーです。

アクアのメインバッテリーは後部座席足マット下に埋め込まれており、大がかりな交換作業が必要になります。

「【Panasonic】カオス ハイブリッド車用バッテリー」は、後部座席のクッション下に埋め込まれていますから、同じく交換に当たっては自動車整備工場やカーディーラーで依頼するなら安心ですね。

さて、「【Panasonic】カオス ハイブリッド車用バッテリー」がなぜアクアユーザーから支持されているのか、それには確かな根拠があるのです。

下記楽天サイトからもご理解いただける点ですが、ハイブリッド車専用補機バッテリーとしての実績と性能に裏打ちされていると言えますね。

ドライバーを守る工夫

そもそも大抵の一般車両にはバッテリーは1つ搭載されているのみで、それもボンネット内に取り付けられています。

ですから、仮にバッテリー液が漏れたり何らかの接触不良が原因で異臭が発生しても、車内にはその臭いや成分が入ってこないようになっているのです。

しかし、アクアの補機用バッテリーである「【Panasonic】カオス ハイブリッド車用バッテリー」は、車内に搭載しなければなりません。

それゆえに、補水を必要としないことに加えて、制御弁式(VRLA)を採用しているのです。

つまり、定期的なメンテナンスも必要とせず車内にバッテリー内のガスが排出されることがないのです。

万が一バッテリーに異常が発生して、危険なガスを外に出さなければならない時には、専用の排気構造を用いて、車外に安全に排気されるようになっているのです。

製品自体にも3年保証が備え付けられていて、万が一の時にもユーザーを守ってくれるわけです。

実際に「【Panasonic】カオス ハイブリッド車用バッテリー」を購入した方のコメントを見てみると…

満足レビューの理由

『安定のパナソニック。緊急でない限り、このシリーズを使っています。今回純正品が弱ってきたのでこちらを購入。もちろん問題ありません。』

『ユーザーです。全く、スムーズに取り付けができました。水素の排出管の接続も問題ありませんでした。』

とあり、ユーザーからの厚い信頼感を集めていることが分かりますね。

さらに詳細はこちらのリンクからご覧いただけるようになっていますよ♪

バッテリーを最大限生かそう♪

ぜひ一度、こちらから詳細を確認してみてくださいね♪

商品リンク

-アクア
-,