ジムニーJB64

新型ジムニーJB64にボンネットダンパーを導入!高級車の演出を♪

自分でオイルチェックや

ウィンドウウォッシャー液の確認などの

メンテナンスをする際に

新型ジムニーのボンネットを開ける時があるかと思います。

 

その時は手で開けて

車体付属のステーで

ボンネットを固定しますよね?

 

これだけだと、いかにも普通の光景ですが

高級車のように自動でボンネットが開いていって

固定されるようになるアイテムがあるとしたら?

 

一定の車格以上の車、いわゆる高級車などで採用されていますが

ボンネットにダンパーが付いていて

プシューと自動で開いて固定されるアイテムがあります。

 

なぜ普通車などでは採用されないのでしょうか?

それはやはりコストの問題があると思います。

 

ボンネットダンパーを採用することで

車体価格を上げなければいけなくなるので

車体価格での競争に勝てなくなる事。

 

また、普通車ではボンネットの重量が

そこまで重くないので

手で持ち上げるのもそこまで苦ではない

という事もあげられるでしょう。

 

とにかく、ボンネットダンパーが付いていれば

いかにも車格が高い車という感じで

かっこいいのは間違いありません!

 

そして、新型ジムニーJB64用にも

アフターパーツとしてボンネットダンパーが

ラインナップされているんです。

確かにボンネットを開ける頻度はそこまで多くないかもしれませんが

いざその時が来たら、注目されること間違いなしのアイテムです♪

新型ジムニー専用設計のGReddyボンネットダンパーなら安心

このボンネットダンパーは

新型ジムニーJB64専用設計となっています

しかし「ノーマルボンネット」専用ですので

注意が必要です。

 

左右2本が付属し

ノーマルボンネットの重量を

支えるのに丁度いい

力加減となっているのです。

 

余談ですが

昔から純正の手動開閉ボンネットを

他車種のボンネットダンパーを流用して

使うというカスタムがありました。

 

例えば、某日産セダン用を

初代フィットに使うなどですが

もともと想定されている重量が

あまりに異なるため

 

開く力が強すぎて危ない

ということもありました。

この場合はヘタったダンパーが

丁度いいと口コミで上がっていましたね(笑)

 

そういった心配も

この新型ジムニー専用設計の

ボンネットダンパーなら

皆無なわけです!

取り付けもDIY、しかも30分で可能!

このボンネットダンパーは

取り付けに伴う加工もなく

ご自身で取り付ける際も

約30分で充分可能です。

 

価格については

税込で¥16,200(送料無料)となっています。

また、嬉しいことに

JB74ジムニーシエラにも対応しています!

 

ボンネットを開けるたびに

高級感を演出できて注目される

このボンネットダンパー

ぜひご検討くださいね♪

↑楽天で購入する方はこちら↑

Amazonで購入する方はこちら

-ジムニーJB64
-,