ジムニーJB64

新型ジムニーJB64純正のリヤデフガードは本当に必要!?

リヤデフガードって必要なの?

そもそもリヤデフガードって必要なの?

素朴な疑問ですよね、リヤデフガードが必要なのかどうか?ということは。

あなたはどう思いますか?

リヤデフガードは必要派ですか?それとも不要派ですか?

当サイトでは、リヤデフガードをご紹介していますから、

リヤデフガードの必要性について、ご紹介したいと思います。

まず、イメージしていただきたいのが、

ジムニーJB64やジムニーJB74でクロカン走行をしている時です。

例えば、以下の写真の状況を想像してみてください。

ゴツゴツとした岩場を走行している時に、どうしても車体の下部を岩や木々にぶつけてしまうことはあるものです。

もちろん、自動車のパーツはとりわけ車体の下部のパーツにおいては、

自動車のフレームを含めて、強固に守られ同時にある程度のショックにも耐えることができるよう、

備えがされていますよね。

しかし、特異な環境下(クロカン走行など)では、どうしても予想外の衝撃が自動車に加えられてしまいますよね。

ジムニー自体の車重と予期せぬ路面のへこみなどが相まって、

強い衝撃が、リヤのデフに加わってしまったとしたら。

強靭に見えますが、デフはあくまでも自動車のパーツの一部です。

耐えられる以上の衝撃が加わる時には、どうしても破損してしまったり、不具合が出てしまうことも考えられますよね。

ですから、ジムニーJB64でとくにクロカン走行や田舎の土手道などを頻繁に走行するなどの環境に身を置いているなら、

リヤデフガードをお考えになることをオススメいたします。

SUZUKI スズキ 純正 アクセサリー

このリヤデフガードは、SUZUKI スズキ 純正 アクセサリーです。

純正アクセサリーですから、見栄えも安心感も、汎用品のレベルと比べることはできませんね。

クロカン走行を想定して造られています。

アルミで3mmの厚みがありますから、リアデフをしっかりとガードすることができるようになっているのです。

JB64W&JB74W 専用

さらに、ジムニーJB64とジムニーJB74に対応しています。

人気の新型ジムニーに対応している点がかなりオススメできるポイントですね。

しっかりと足回りのカスタムも終えて、いよいよクロカン走行!

とお考えなら、ぜひこの機会にSUZUKI スズキ 純正 アクセサリーのデフガードをお考えいただくのはいかがでしょうか?

詳細はこちらからチェックしていただけるようになっています♪

↑楽天で購入する方はこちら↑

Amazonで購入する方はこちら

-ジムニーJB64
-,